現在では様々な調理器具が出ています

子育てや一人暮らしの際に

便利なレンジグリルなんてのもあります

現在のケトルはさらに進化して、お湯を高速で沸かすだけでなくて、温度調整できるタイプのものがあり、例えば赤ちゃんのミルクを作りたいなどの時や、ぬるめのお湯を使いたいときに最適です。
わざわざ水で温度を下げなくていいなんて便利ですよね。
お湯の温度は、約60度と低いものから100度と各段階が設定できて、高温からぬるま湯まで設定できます。
あと、ガラスチョッパーは面倒な下ごしらえをしてくれる器具です。
これは材料をかくはんしたあとにすぐに料理に使える便利性があります。
かくはんスピードは、ハイかローのスピードを選べて、本体内に4枚刃がついていて、調理に面倒なみじん切りやかくはんをスピーディにおこなってくれます。
みじん切り、面倒ですからね。

ノンフライヤーで揚げたても

アクティフライという器具は、一台で、揚げる、炒める、煮込む、ができる器具です。
食材を入れて、調理時間と調理モードを選択するだけで、あとはできるのを待つだけ。
揚げ物は油を使わず、熱気で調理するために、99パーセントオイルカットが可能です。
これはダイエットに集中している方や、メタボで食事制限されている方にお薦めです。
皮下脂肪が付きにくくなりますよね。
また、汚れも落ちやすく、洗い物が増えないのも時短できますね。
現在の電気圧力鍋は、圧力、無水、蒸し、炊飯、調理、温め直し、が一台でできます。
材料をセットして、ボタンを押すだけなので、時短料理にはもってこいです。
無水調理は材料そのものの味を楽しむことができて、調理では、煮崩れしやすい豚の角煮などがうまく作れます。
これは皆さんに、おすすめですね。


TOPへ戻る